2016.12 旧石器時代から縄文時代草創期における東北日本の植生史研究と課題(東北日本の旧石器文化を語る会)

  • 第30回 東北日本の旧石器文化を語る会宮城大会(2016年12月17日・18日:東北大学)シンポジウム「東北日本の旧石器時代研究 ―回顧と展望―」講演要旨→

2016.03 是川遺跡の縄文時代晩期の景観復元(是川縄文館研究紀要 5)

  • 八戸市埋蔵文化財センター是川縄文館と東京大学大学院新領域創成科学研究科環境史研究室の共同研究「八戸地域における縄文時代中期から晩期の環境変動と集落生態系の復元」をテーマに行い、その成果を平成29年に企画展を開催する予定になっている。ここでは第2期のテーマである集落生態系を復元するための資料として、現時点での成果に基づいた是川遺跡の縄文時代晩期の二次元の景観復元と植物利用について検討した。→                                                        

 

  •